[教育事業]てるてるアカデミー

         |  てるてるアカデミー | 介護福祉士実務者研修  |  介護員初任者研修  |  研修機関情報   |  社内研修   |     

無料体験型介護講座 

       福祉の仕事を体験してみませんか?      

生陽会では介護職への第一歩を不安なく始めて頂けるような試みとして独自の体験型介護講座を開き、より多くの方に介護に対する理解を深めていただき、福祉のお仕事への就業を考えていただけるような企画をご用意いたしました。


内 容

1日目:オリエンテーション、コミュニケーションの取り方、認知症について、利用者様との交流

2日目:車いす操作、コミュニケーション、レクレーション 1日の振り返り

3日目:利用者体験、コミュニケーション、配膳下膳補助、3日間の振り返り

対 象 学生、一般の方どなたでも



お申込み・問い合わせ 0120-77-4165

 1日見学体験会・会社説明会は こちら をクリック

 

介護員等養成講座 てるてるアカデミー

てるてるアカデミー

 介護を本気で勉強したい方、応援します!! 

 てるてるアカデミー3つの取り組み

  1. 今、介護現場で必要な知識と技術をお伝えします
    介護職員として専門的知識を有し、更に実践・体験を通したスキルを持った講師陣が、「自分の体を守りながら、介護者も安心できる介護」をお伝えします。

  2. 少人数制で楽しく
    15名定員の小規模教室の良さを生かし、学びの仲間としてお迎えします。

  3. 「働きながら資格をとる」を応援します。
    介護以外の職場で働きながら介護の勉強をしたい方、
    介護事業所に勤務していて、介護の資格を取得したい方、
    介護事業所に就職を目指す方など、ご相談ください。 

受講要件

介護福祉業界で就職を希望している方、家族介護の方法が知りたい方、受講動機や事情は人それぞれです。どのような動機であっても、期間中学則が守れる方であれば年齢・性別は問いません。

※学則はこちらをご覧ください。
◇学則(通学)はこちら
◇学則(通信)はこちら
◇実務者研修はこちら

 講座の流れ

8:55朝礼 朝の連絡事項
9:00~10:301限目
10:40~12:102限目
12:10~13:00昼休み
13:00~14:303限目
14:40~16:104限目
16:10終礼 翌日の連絡事項など

講座案内

介護福祉士実務者研修 受講生募集!!

平成28年4月より教育訓練給付制度対象講座になりました
平成28年11月よりe-ラーニングを導入しました
平成28年度(平成29年1月実施)からの介護福祉士国家試験の受験資格が変わりました
①介護の実務経験3年以上
②実務者研修の修了

【募集定員】
各コース 先着15名
お早めにお申し込みください。

【介護福祉士実務研修とは・・・】

平成19年の法改正で介護福祉士の資質向上を図る観点から、一定の教育課程を経た後に国家試験を受験する形に資格取得方法を一元化され、実務経験3年以上に加え、この実務者研修を修了することが義務付けされました。
実務者研修は6ヶ月(450時間)以上の期間で、知識やケーススタディを用いて実践力を身につけます。
弊社では、働きながら資格取得ができるように、通信教育スクーリング(10日間)を併用し、修了を目指していただきます。(保有資格により免除科目があります


介護福祉士実務者研修を修了すると・・・

①サービス提供者になれる
実務者研修を修了することで、訪問介護事業所での配置が義務付けられてい「サービス提供責任者」になることが出来ます。
②たんの吸引と経管栄養の知識が学べる
実務者研修の医療的ケアでは医学的な知識を学んだり、シュミレーターなどで「たんの吸引」や「経管栄養」等の技術も学ぶことができます。
(実際にたんの吸引等を行う場合は「
実地研修」が必要です。)


【受講説明会のご案内】
毎週水曜日 10時~、14時~
静岡市駿河区丸子3丁目7-9
(有)生陽会 てるてるプラザ


働きながら受験資格取得が目指せる自宅学習と、介護技術の基礎やスキルを身につけるスクーリング(全10日間)の併用。

実務者研修の受講は実務経験年数を問いません。
ご自身の介護福祉士の受験予定に合わせ、計画的に受講しましょう。

車通学OK!(駐車場無料)
JR安倍川駅からの送迎も行います。(事前相談)


 受講説明会、受講料、カリキュラム、日程などはこちら

 7月生:平成29年7月~平成29年12月

 8月生:平成29年8月~平成29年12月

 7月生:平成29年7月~平成29年12月 8月生:平成29年8月~平成29年12月

 9月生:平成29年9月~平成30年3月

9月生:平成29年9月~平成30年3月

介護福祉士実務者研修受講応援キャンペーン

介護福祉士実務者研修のキャンペーン料金を設定しました。 5月、6月コースは来年の介護福祉士試験に間に合います。 この絶好の機会を見逃さないで、お気軽にお問い合わせください。 また、法人様向けのお得な料金も設定しました。 職員の皆様のレベルアップに是非ご活用ください。

●ホームヘルパー2級・介護職員初任者研修の資格保有者の方必見
制度改正、資格取得応援キャンペーン
平成29年6月コースのキャンペーンになります
¥75,390-(税別・テキスト代別途¥13,610)
※教育訓練給付制度対象講座です(給付金を受けるには条件があります。お近くのハローワークへお問い合わせください)

●法人様からのお申し込みなら、さらにお得!
¥71,390-(税別・テキスト代別途¥13,610)
※教育訓練給付制度は使えません

(注)平成29年度(平成30年1月)の介護福祉試験を受験される方は9月、11月コースだと受験資格が間に合わない可能性があります


(有)生陽会 てるてるアカデミー
静岡市駿河区丸子3丁目13-9 てるてるエルマーナ2F
TEL:(054)268-1102 FAX:(054)268-1107

介護職員初任者研修 受講者大募集!

ホームヘルパー2級は平成25年度より介護職員初任者研修に変わりました
介護職員初任者研修受講者募集!
*研修終了後、「介護職員初任者研修終了」の資格取得が出来ます
な、なんと!! ¥58.000-

【募集定員】
先着 各15名 お早めにお申し込み下さい

スクーリング日程
『週1回コース』 時間 9:00~16:10
金曜日: 平成29年7月28日~平成29年12月1日
  水曜日: 平成29年9月13日~平成29年12月27日
   火曜日: 平成29年11月28日~平成30年3月27日
土曜日: 平成30年1月13日~平成30年4月28日

通信教育の為、上記スクーリング期間の全16日間の講義以外に自宅での事前学習(2週間前から)及び課題提出があります。

詳細等は下記までお問い合わせください。
(有)生陽会 てるてるアカデミー
静岡市駿河区丸子3丁目13-9 てるてるエルマーナ2F
TEL:(054)268-1102 FAX:(054)268-1107

てるてるアカデミー、初任者研修受講のメリット!

てるてるアカデミーの受講メリット

①車通学OK
②補講授業や振替授業可能
 用事があっても安心!他コースに同じ授業があれば無料で振替
 無くても1500円/90分(一日 6000円)で補講授業対応

③当社施設にて実習可能(希望者)
④就職相談等無料
⑤JR安倍川駅から送迎します。

【受講生の声】

  • 楽しい仲間と出会えた。
  • ホームスタディは大変だったが、授業を受けることで理解できた。
  • 授業はチームで行ったり、発表があったりで飽きなかった。
  • 暖かい空気感があったから、あきらめずに最後まで受講できた。
  • 体験談なども授業で話してくれて、理解しやすかった。
  • 実技は仕事場で役に立ち、楽にできるようになった。・・・など

【受講説明会のご案内】

毎週水曜日 11時~、15時~
静岡市駿河区丸子3丁目7-9 (有)生陽会 本部事務所


お申込み・お問い合わせは、お気軽にこちらまでお願いします。

(有)生陽会 てるてるアカデミー
TEL:(054)268-1102 FAX:(054)268-1107

研修機関情報について

研修機関情報はこちら

・学則はこちらをご覧ください。   学則(通学)はこちら   学則(通信)はこちら

研修事業情報

 □研修の概要、課程責任者はこちら
 □研修カリキュラム、修了評価はこちら

講師情報はこちら

実績情報はこちら

連絡先等

 申込み・資料請求先
 有限会社 生陽会
 〒421-0103 静岡市駿河区丸子3-7-9

 法人の苦情対応者名・役職・連絡先
 望月錦吾 事務長 054-257-8861

 事業所の苦情対応者名・役職・連絡先
 小林栄子 アカデミー苦情対応担当 054-257-8861


初任者研修カリキュラム

研修カリキュラム

科目別シラバスはこちら

科目別担当教官名
「科目別担当講師及び講師情報」はこちら

科目別特徴

1.職務の理解

 (1) 研修に先立ち、これから介護が目指すべき、その人の生活を支える「在宅におけるケア」等の実践について、介護職がどのような環境で、どのような形で、どのような仕事を行うのか、具体的なイメージを持って実感し、以降の研修に実践的に取り組めるように展開する。

2.介護における尊厳の保持・自立支援

 (1) 介護職が、利用者の尊厳のある暮らしを支える専門職であることを自覚し、自立支援、介護予防という介護・福祉サービスを提供するにあたっての基本的視点及びやってはいけない行動例を理解する。

3.介護の基本

 (1) 介護職に求められる専門性と職業倫理の必要性に気づき、職務におけるリスクとその対応策のうち重要なものを理解する。

 (2) 介護を必要としている人の個別性を理解し、その人の生活を支えるという視点から支援を捉えることができるよう展開する。

4.介護・福祉サービスの理解と医療の連携

 (1) 介護保険制度や障害者自立支援制度を担う一員として最低限知っておくべき制度の目的、サービス利用の流れ、各専門職の役割・責務について、その概要のポイントを列挙できるよう展開する。

5.介護におけるコミュニケーションの技術

 (1) 高齢者や障害者のコミュニケーション能力は一人ひとり異なることと、その違いを認識してコミュニケーションを取ることが専門職に求められていることを認識し、初任者として最低限の取るべき(取るべきでない)行動例を理解する。

6.老化の理解

 (1) 加齢・老化に伴う心身の変化や疾病について、生理的な側面から理解することの重要性に気づき、自らが継続的に学習すべき事項を理解する。

7.認知症の理解

介護において認知症を理解することの必要性に気づき、認知症の利用者を介護するときの判断の基準となる原則を理解できる。

8.障害の理解

 (1) 障害の概念とICF(国際生活機能分類:InternationalClassificationofFunctioning,DisabilityandHealth)、障害者福祉の基本的な考え方について理解し、介護における基本的な考え方について理解できる。

9.こころとからだのしくみと生活支援技術

 (1) 介護技術の根拠となる人体の構造や機能に関する知識を習得し、安全な介護サービスの提供方法等を理解し、基礎的な一部又は全介助等の介護が実施できる。
 (2) 尊厳を保持し、その人の自立及び自律を尊重し、持てる力を発揮してもらいながらその人の在宅・地域等での生活を支える介護技術や知識を習得する。

10.振り返り

 (1) 研修全体を振り返り、本研修を通じて学んだことについて再確認をおこなうとともに、就業後も継続して学習・研鑽する姿勢の形成、学習課題の認識をはかる。

演習:
「こころとからだのしくみと生活支援技術の中の以下の項目に対しては「介護技術チェックリスト」を用いて、実技演習を実施する。
①整容に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
②移動・移乗に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
③食事に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
④入浴・清潔保持に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
⑤排泄に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
⑥睡眠に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護
⑦総合生活支援技術演習 

項目:

整容 ベッド・寝巻・洗面器・タオル・バケツ・スポンジブラシ等
移動・移乗 ベッド・車椅子・杖等
食事 ベッド・エプロン・トロミ剤等
入浴・清潔 ベッド・シャワーチェア・バケツ等
排泄 ベッド・オムツ・リハパン・パット等・男女用尿器・ポータブルトイレ・タオルケット等
睡眠 ベッド・寝具類・体位変換マット等
総合生活 事例により上記より必要備品使用
指導講師1名(受講人数により補助講師1名)

科目別通信・事前・事後学習とする内容及び時間はこちら

通信課程の教材・指導体制・指導方法・課題
講義・演習への参加の他、自宅では通信課題による学習を行い、理解の充実を図る。

修了評価の方法、評価者、際履修等の基準
①研修の全日程及びその内容全てを履修した後、1時間程度の修了評価を受けて一定以上の評価を得た者を修了者と認める。
②「こころとからだのしくみと生活支援技術」の項目においては、介護技術の習得状況を講師により評価する。
③修了評価は、筆記試験により行うこととし、100点を満点としてA(90点以上)、B(89~80点)、C(79~70点)及びD(70点未満)の区分で評価する。なお、D評価を得たものについては、必要に応じて補講を行うとともに、原則としては修了者と認定するに足るまで再評価を行う。


◆受講申込書ダウンロード

  ※必要事項をご記入の上、FAXまたは郵送でお申し込みください。

  FAX 054-257-8862

 郵送先

  〒421-0103 静岡市駿河区丸子3-7-9

  有限会社生陽会 てるてるアカデミー



研修の様子

社内研修

    年2回、竹内孝仁先生のご指導をいただいています。生陽会では、「自信をもって楽しく生きるを応援する」のコンセプトの下、自立支援介護にとりくんでいます。

      ページトップへ戻る